レンタカー業を始める時に必要なもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - レンタカー業を始める時に必要なもの
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
レンタカー業を始める時に必要なもの今、レンタカーが流行っている

レンタカー業を始めたい方の中には、準備をするうえで何が必要なのか分からない方もいます。
この事業は車を有料で貸し出すことなんです。
ただこの事業は無許可ではできない仕事で、道路運送法第80条に載っている通り、許可が下りない限り仕事が出来ないんです。

各市の運輸支局に自家用自動車有償貸渡許可申請という申請書を提出しないといけないんです。
申請書の許可がおり、レンタカーで使用する車両を全て登録した後、登録免許税に約9万円前後を支払わないといけません。
1つの書類の許可がおり、仕事を始めるのに数日かかりそうですね。

全ての許可がおり、これから仕事を始める方はレンタカー事業者の義務というのがあり、これは絶対把握していなければいけない義務なんです。

その内容は車の貸し出しを記録した帳簿、年に1回の運輸支局に貸し出し実績の報告書の提出があります。
この2つを怠ると最悪の場合は事業停止になりかねません。

せっかく始めた事業が義務を怠ったせいで停止されるのはツライですよね。
もし忘れそうだと思う方はめるところに義務内容を貼っておくのもいいのではないでしょうか。

This entry was posted in rentacars. Bookmark the permalink.

Comments are closed.